MENU
サイトご利用方法
お客様の声 
サイトを立上げた理由
メンテナンスについて
リニューアルについて
見積書チェックポイント
業者の選び方
エレベーターQ&A
当サイトのミッション
施工事例
業界豆知識
 運営会社
合同会社Be-Honest
エレベ-タ-見積りお助.com  サイト管理事業部

〒170-0005
東京都豊島区南大塚2-11-10ミモザビル3階

お問い合わせ
フ゜ライバシーポリシー 
サイトマップ
 【メディア掲載】
週刊ビル経営809号に掲載されました。
 
【駐車場舗装工事をお考えの方へ】
駐車場舗装工事
見積りサポート事務局

【小規模マンション(50戸以下)の管理組合様へ】
管理会社に頼らない大規模修繕を完全無料で徹底サポートします!
 エレベーター見積りお助け.com

Facebookページも宣伝

ホーム > 見積書チェックポイント



複数の見積りが一括で入手できるメリットは、「容易に比較・検討」ができる、というところだと思います。
しかし、例えば、3通の見積書を受け取ってそれぞれの見積り価格がバラバラだった場合、
いったいどこを判断基準に業者選びをすればよいのでしょうか。

一番安い業者が良いのでしょうか?それとも見積書や提案書の丁寧さでしょうか?





業者の中には「一式」とだけ表記をして、総額だけを書いた見積書を提示するところがあります。これでは比較検討ができません。
また、見積は、きちんとした価格の理由があって作成されていますので、業者には、見積依頼の時に「内訳を明記し、ご提出ください」と念押ししておくことが大切です。

内訳の明細項目として「部材・材料費」「工事・技術料」などの詳細項目があると、比較検討し業者を決定する際の大きな参考になります。


後になって「一式」という表現があることに気がついた場合は、「一式と明記されている内容を教えてください」とエレベーター業者に言って、きちんと内訳を説明してもらうことが大切です。




エレベーター業者はその道のプロです。しかし、見積りを依頼する側は素人同然なのです。
見積書を出してもらったら、必ずその見積書の項目の一つ一つについて説明を求めるようにすることが大切です。
ここでしっかり説明してもらえば、あとで「話が違うのでは…」「期待していた完成イメージと違う…」といったお互いの考えやズレを未然に防ぐことができます。

お客さま第一主義の良心的な業者であれば、うるさがらずに丁寧に説明してくれるはずなのです。

エレベーター業界は、価格や相場が相手の言い値で決まってしまうようなところがある曖昧ではっきりしない業界です。
ですので、悪質なエレベーター業者は曖昧なことを良しとして「あまり知識のないお客様」や「お金をとれるお客様」など“お金を取れるところから取る”という考え方の業者が存在するのも事実です。(もちろん、誠実で良心的なエレベーター業者が大半です!)

そのような悪質なエレベーター業者に、お金を必要以上に請求されないためにも、思ったことや疑問点はきちんと伝えることが重要です。


良心的で、誠実なエレベーターを熟知したプロの業者が多数加盟している当サイトなら、複数の業者から
「あなたの要望に沿った提案」
「見積り」を、「無料」・「一括」・「匿名OK」で受け取ることが可能です。
まずは、お気軽にお問い合わせください!
















 


 
                    

ページの先頭へ