MENU
サイトご利用方法
お客様の声 
サイトを立上げた理由
メンテナンスについて
リニューアルについて
見積書チェックポイント
業者の選び方
エレベーターQ&A
当サイトのミッション
施工事例
業界豆知識
 運営会社
合同会社Be-Honest
エレベ-タ-見積りお助.com  サイト管理事業部

〒170-0005
東京都豊島区南大塚2-11-10ミモザビル3階

お問い合わせ
フ゜ライバシーポリシー 
サイトマップ
 【メディア掲載】
週刊ビル経営809号に掲載されました。
 
【駐車場舗装工事をお考えの方へ】
駐車場舗装工事
見積りサポート事務局

【小規模マンション(50戸以下)の管理組合様へ】
管理会社に頼らない大規模修繕を完全無料で徹底サポートします!
 エレベーター見積りお助け.com

Facebookページも宣伝

ホーム > 業者の選び方



エレベーターリニューアルやメンテナンスは業者選びがとても重要です。
エレベーターリニューアルやメンテナンスは、業者選びですべてが決まります。
ですので、後悔しないためにも、エレベーター業者を選ぶポイントを十分に学んでください。
特に考えなければいけないことについて以下の3項目を説明します。
悪徳業者について

タウンページでエレベーター業者を探す

大規模修繕を実施したゼネコンから紹介されたエレベーター業者に頼む








新聞やニュースで"悪徳リフォーム業者"が連日問題になっています。
特に3.11東日本大震災後の耐震工事や住宅リフォームは、ひどいものです。
リフォーム業界に限らず、どの業界にも悪徳業者というのは存在します。
エレベーター業界にも、少なからず存在します。
多くのエレベーター業者は、本当に親切で誠実です。ただ、一部のエレベーター業者は・・・。

<典型的な悪徳業者>

●極端に値引きをするエレベーター業者
たとえば、あなたがリニューアル工事の見積書を見て、そのエレベーター業者に「1,500万円だと予算オーバーで高いです」と言ったとします。

その際に「わかりました。では、900万円でやります」というように、突然、極端な値下げをしてくるエレベーター業者が実際にいます。
エレベーターリニューアル工事は、素人から見ると工事費用の中身が曖昧で、部品単価や技術料でかなりの調整ができてしまうものです。

ましてや、普段エレベーターを使用する側は、全く目にすることがない建物屋上の機械室やエレベーター軌道構内に高価な重要保安部品が多数使用されています。
そして、お客様側には全く知識がありませんので、品質の悪さに気づくのは、工事が終わって数年が経過してからということになります。そうなったら、もう取り返しがつきません。

ですので、一つの目安として、
「少し、値段が高い」とエレベーター業者に言った際に、『一気に値段を下げる』エレベーター業者は避ける方が賢明です。

良心的でお客様の立場になって考えるエレベーター業者なら、あなたがお願いできる予算を考慮したうえで、見積価格に対する根拠をきちんと説明し、再度、提案内容を考えて精一杯の提案をしてくれるはずだからです。


●他社のデザイン案でそのまま工事をしようとするエレベーター業者
あなたがすでにエレベーター業者からデザイン案や見積もりを提案されているとします。

そして、次に会った別のエレベーター業者に「これは同業他社さんのデザインですが、こんなイメージにしたいんです」と希望を話し、「おたくの会社でこんなデザインのエレベーターリニューアルをお願いすると、金額はどれくらいになりますか?」とエレベーター業者に言ったとします。

それに対する答えが、「うちの会社でしたら、このデザインのままで、この会社の40%安い金額でリニューアルできますよ。うちは、お客様のことを考えて安くやりますから」などと言ってくるエレベーター業者がいます。

これもかなり悪質なエレベーター業者だと考えていいでしょう。
「同業者のデザインでやります」ということ自体、良心的なエレベーター業者ですとプライドもありますし、モラルの問題もありますし、普通はありえません。

また、他社のデザインのままで値段を抑えるということは、目に見える部分は同じでも、目に見えない部分に手抜き工事をするということです。

以上のことからもお解かりのように、どこかの部品代や工事費を抑えないと、価格は安くできません。このような業者は工事も適当で、後々トラブルになる可能性があります。安くていい物を…と考えるのは当然のことかもしれませんが、エレベーターは人の命を運んでいる以上“安全第一”でなければなりません。なので「安さ」ばかりにこだわると、安全性を損なう可能性や悪徳業者に騙される確率が高くなりますので注意が必要です。





タウンページ(電話帳)の“エレベーター”の欄を開きますと、「エレベーター業者」の広告がたくさん出ています。
どの広告も、素晴らしいことがたくさん書いてあります。

ですが、全くエレベーターの知識がないお客様が、「どの広告内容が良いか」は、わかるはずもありません。
「とりあえず、電話してマンションに来てもらおう」と思って、電話してマンションに来てもらったら、上記の悪徳業者だったら最悪です。

マンションに来てもらうまでは提案も受けることができないので、広告ではどんなエレベーター業者か全く分かりません。タウンページの広告を見て、リニューアルやメンテナンスの依頼をするのはやめておいた方が良いと思います。

どうしても、ご自分で業者探しをしなければならない場合は、インターネットでエレベーター業者を検索し、最低でも、ホームページの会社概要、資本金、社歴、過去の工事実績、社長の経営方針などを確認し、問い合わせをしてから見積り依頼作業に入ることが大切です。





もし、あなたのマンションが2回目(築30年)の大規模修繕を実施したとします。

そうしますと、エレベーターも経年劣化が進んでおり、リニューアル待ったなしの状況ですので、修繕工事するゼネコンにエレベーター業者を紹介してもらうケースが多いと思います。

しかも、適正な入札で落札したゼネコン担当者の紹介ですので、あなたも「この人(営業マン)の紹介なら安心だ!」と思うことでしょう。これは、もちろん、手抜き工事をするエレベーター業者だという意味ではありません。きちんとした大手ゼネコン紹介のエレベーター業者でしたら、きちんとしたリニューアル工事をしてくれると思います。

ただ、値段が通常より高いのです。(相場より2〜4割くらい高い場合もあります)。なぜ、通常より高いかといいますと、まず1つ目の理由は、ゼネコンへのマージン(紹介料)です。

また、大規模修繕施工業者が決まった後というのは、管理組合役員や修繕委員も「これからも大変なのだが、何とか1つ目の大役を果たすことができた…」ということで、達成感と安堵感が入り混じった状態になって、「これからまたエレベーター業者を新規で探すのは面倒だし、どうせなら、リニューアル工事も一緒にゼネコンにお願いしよう」という気持ちになっています。しかも、大規模修繕が管理会社経由ですと尚のこと、ゼネコンとしても、リニューアルの契約が容易だからです。

上記でも、説明しましたが、ゼネコンから紹介されたエレベーター業者の仕事内容が良くないとか、手抜きだとか言う話ではありません。通常の相場より、値段が高くなるという意味です。相場の値段できちんとした仕事をやってもらえるエレベーター業者を、ご自身で見つけて、浮いたお金(おそらく数十万円以上)は積立修繕金に回された方が良いのではと思います。そのためにも、ご自身でエレベーター業者を探されるポイントを当サイトで学んで頂けれたら幸いです。






エレベーター業者にはメーカー系と呼ばれるエレベーター製造メーカー系列会社と、独立系(設置したエレベーター会社系列でない会社)があります。

<メーカー系と独立系の違い

【メーカー系エレベーター会社】
メーカー系とは、「エレベーターメーカーの直轄メンテナンス部門」又は、「直系列のメンテナンス専門会社」の事をこう呼びます。自社系列機種を独占的に保守メンテナンスを行うため、保守点検料が割高なのが一般的です。また、メーカー系エレベーター会社は、自社メーカー機種以外のメンテナンスは請け負いませんし、当然のことながら、他メーカー機種の見積りを出すこともしません。

【独立系エレベーター会社】
独立系とは、どのエレベーターメーカーの系列にも属さず、メンテナンスを専業として保守点検を行っている会社の呼称です。(独立系でもリニューアル工事を行っている会社も多数あります。)また、製造メーカーではありませんので、メーカー系会社と比較して、様々な経費負担が少なくて済むため、保守点検料は安い傾向にあります。また、独立系会社といっても、元々メーカー系エレベーター会社の下請け業者だったり、メーカー系会社を退職した技術者が在籍している場合も多いので、保守点検やリニューアルにおいても、技術的に大きな差はありません。





「メーカー系だから安心で良い」とか「独立系だから技術的に不安があるのでダメ」というわけではありません。

こうお考えください。

自動車の整備で考えると、車検や点検、オイル交換などのメンテナンスは「少し高いけど、そのメーカーのプロだから安心感があるので、正規ディーラーのサービスで整備します。」という方と「ディーラーは敷居が高く、料金も高そうなので、コスト重視で低価格の民間整備工場に依頼します。」という方の2通りに分かれると思います。

“安心感重視”か“安さ優先”かということになります。

エレベーター業界もこれと同じで、お客様が、そのマンションやビルの現状に合ったエレベーター業者を自由に選択できる時代です。その建物に設置されているエレベーターのメーカーに必ずメンテナンスもお願いしなければならない ということも全くありません。
なので、リニューアルやメンテナンス契約をする際は、損得勘定だけではなく、業者からの提案内容をよく比較検討し、会議や総会などで十分話し合った上で、相見積りを取り、最良の選択をするのがよろしいかと思います。





ポイント@
エレベーターは安全が第一です。緊急事態が発生した場合、何分で現地に出動できるのか?を必ず確認する。

ポイントA
万が一の事態が発生した場合のために、エレベーター会社が加入している賠償責任保険の内容をチェックする。

ポイントB
メンテナンス・リニューアル工事の過去の実績(公共施設、官公庁施設含む)を提示してもらう。

ポイントC
安い価格の根拠を説明してもらう。
(これをきちんと説明できない業者は避ける。)

ポイントD

昇降機検査資格者の在籍人数を確認する。
(基本的にエレベーターの法定点検は、法律上、資格保持者が実施しなければならない決まりになっています。)


ポイントE
保守点検費用、リニューアル工事費は適正であるか?
(あまりに相場とかけ離れている業者は、価格の根拠を聞く。)

ポイントF
メンテナンス要員1人あたりのメンテナンス台数のチェック。

(1人あたりの保守台数範囲が200台以上は対応にムラがでる。)


ポイントG
24時間365日対応しているか?
(地震、火災など緊急時の対応は万全か?)

ポイントH
問い合わせ等に対し、スピーディーな対応ができているか?
(問い合わせに対し、レスポンスが良いか?また対応は丁寧か?)

上記のような基準を設けて、管理組合やビル管理者が適切に判断することが大切です。

【参考資料】
エレベーター業者を選択するにあたり参考資料が国土交通省より発表されています。
業界のことが詳しく分かる資料となっていますので「添付資料」をダウンロードしてご一読ください。
「エレベーターの保守管理等に関する実態調査」結果について



"エレベーター見積りお助け.com"にご参加頂いているエレベーター業者は、どのエレベーター業者も、最初から「売り込まれたくない」「連絡先を最初から明かしたくない」というあなたの気持ちを尊重して頂いた上で、ご加盟頂いております。

当サイトをご利用になることで、上記の内容をきちんと取り入れてくれるエレベーター業者と、無料・匿名にて相談することが出来ます。
また、提案や見積などを受取ることが出来ます。
基本的には、匿名でのやり取りから始まりますので、嫌な売込や営業などを受ける心配も一切ございません。

あなたに提案をして頂くエレベーター業者さんにとっては、「普通ではありえない厳しい条件(あなたのお名前も住所も電話番号も、メールアドレスさえ判らない)」にもかかわらず、ご提案して頂くことになります。
とにかく「営業して契約してしまえ!」「売上第一!」などと考えているエレベーター業者は、加盟しません。

是非とも、本当にあなたのことを考えた良心的で誠実なエレベーター業者から、提案を受けてみませんか。また、相談をしてみませんか?

まずは、資料請求をしてから、相談をするかを決めて下さい。


 


 
                    

ページの先頭へ